間取りの考え方について

優先順位がはっきりしていますか?

家づくりの一番の課題と言えば、本当は資金計画なのですが、頭にぱっと浮かぶのは、やっぱり間取りの事ですよね。住宅設計の業界に四半世紀も携わってきましたが、注文住宅において1軒として同じお宅はございません。みなそれぞれにお顔や性格が違うよう家もみな違うのです。ですので、他人の真似をして正解とも限らないということです。間取りの基本的な考え方としては、まず優先順位をしっかり持つことが必要です。資金や、設備も含めた優先順位です。これがきちんとしていると比較的スムースに進むのではないでしょうか?

最初にやっておかないといけない事がある!

ご要望以外に部分での優先順位を少しアドバイスさせていただくとすれば、家づくりには後からでいいものと、最初に考えて対処しておかないといけないものがあるということです。まあ、後からでもやれなくないのですが、莫大な費用が掛かってしまうということです。代表的なものが地震に対する対策として地盤改良や、基礎構造です。土地選びなどはもっと先行しますね。これらは後からではほぼ取り返しがつきませんので要注意です。

次に、間取りの優先順位として皆様にアドバイスできるのは車庫や玄関、庭や隣地などの外構計画です。こちらもきちんと考えておくことで納得感の高い内部の間取りになると思います。それから内部の動線、各部屋の広さ、つながり(独立性)へと考えを進めていきます。一定の広さや空間が必要な設備やイメージがある場合にはこの辺りからより具体的な検討が必要ですね。

そして最後に、設備設計や内装となりますが、こちらも何かの写真やカタログでみた「こんなイメージ!」というものがあれば、先行して担当者にお伝えしていきましょう。中には気に入った照明器具を優先にリビングの空間を考えていくことだってありますよ。

設計担当者に想いを伝える!

メーカーの設計担当者の立場ではあまり細かく対応してくれないこともありますが、気になる点はしっかり説明を求め、場合によっては検討に必要な資料の提出をお願いしたり、自分で集めなければいけないこともあるでしょう。ですがそここそ納得するまでやるべきです。しっかりと想いを伝えましょう!前述しました通り。1軒として同じお宅はないのです。設計担当者はそこまで考えてく入れていないと心得ておくべきです。

以上のように、単に間取りとはいってもいろいろな要素があります。気になったらまた元に戻ってもいいのです。優先順位さえきちんとしていれば考え方が変わっても最終的には納得できるものになるはずです。この時間を惜しんではいけませんね。

フォームでのお問合せ・相談予約は24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

定休日
土・日・祝日

お気軽にお問合せください

住宅展示場に行く前に!立川での間取り相談、設計コンサルならこちらまで!
フォームでのお問合せ・相談予約は24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

代表者ごあいさつ

不動産屋でも、FPでもない、建築士の視点から、それも住宅展示場で住宅の設計を20年以上にわたって経験してきた、知見に基づいてサポートさせていただきます。これから家を建てる皆様には、メーカーを上手に利用してよりよい家を建てていただき、永く幸せになってほしいと願っています。この立川から全国に向けて発信していきます! 

代表者ごあいさつへ

新着情報

2019/7/18

『ゼロストレス・マイホームプラン』ページ追加しました

2019/8/27
コラム更新しました
2019/03/29
新ホームページを公開しました
2019/03/28
「当事務所概要について」ページを更新しました
2019/03/27
「当事務所の特徴」ページを作成しました

お客さまの声

自分の成長を
  感じてしまいました。

全く知識がなく何から相談を・・・と思っておりましたが、だんだん話が通じるようになる成長を感じることが出来ました。今では専門家のような言葉の使い方が出てしまいます!おかげでメーカー担当者との話はとてもスムースでした。ありがとうございます。

わかりやすくて
   助かりました!

突然のご連絡でしたが、高松さんが優しくサポートしてくださり助かりました!知人にもぜひお勧めしようと思います。